ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


 ○ 画

酷い酷い酷い酷い酷い酷い酷い酷い。
削除。
アルツハイマー
進行。
殺意もあわよくば自己陶酔。
自殺願望もそれに似てオカシ。
無重力など僕には訪れない。
愛情恋愛性欲。
事実、何もかも僕には現実味が帯びていないじゃないですか。
今すぐ今すぐ今すぐ。
今? 過去。
出会い頭に終わり。








殺意と謂われる故は
あはは、余りにも大きく飛び立つよ
確かにその時少女は消えたとか
DとRの間に何があるんだ!


可哀想な子供
鼻息荒く必死に求めて
成り行きを無理やり掴み取ろうと努力する
あはは、そんなに気持ちが好い物かい


拘束着のような明日だ
とても気丈に満足している
まるで使い終えた刃物みたいナンダ君は
何もかも打ち砕いたのが持論だね


限りなく入ってくる心中に
申し訳ない程度に謝れば好い
何かしらの討論
意味など持たない満足感の上だけ


痛みが本当に痛いと
気づくまで駆け上がる虹の底
そして傷ついたように誤魔化して
其れでも依然と性欲を保持する、か








「明日への希望剤」