ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


生きるって何なんだ。
不幸だ。
不便だ。
不自由だ。
姿が見えないことに気づけない。
気づけよ。
気づいてくれよ。
お願いしますよ。
お願いだから。
超越してしまった。
いいんだ。
私はそれでも。
私だって。
私だって。
あなたはどうしてそうなの。
何で私は。
私は此処にいるの。
私は不自由なんかじゃない。
消して不幸なんかじゃない。
確かな言葉なんて私にはいえないけれど。
それでも私の感覚はそういっている。
あなたと私はとても近い他人だけれど。
とてもとても近い私だけど。
私たちは全てを信じあえないのね。
私はあなたに声をかけます。
いつまでも私はかけ続けます。
たとえその言葉が耳に入らなくても。
その効力が信じられないくらいあなたがそうあっても。
私は変わらずにいるから。
あなたがどんなに変わり続けようと。
私の位置はいつまでもあなたのそこにいます。
あなたが見つけるまでいます。
あなたが死ぬまでいます。
私は私だから。
残念ながらあなたには一生なれないから。
私は。
生きるという言葉を発せ無いから。










ガタガタガタと
立てる間はいいけれど
ほらもう
見送ってる場合じゃなかったね


飛んでゆこう
飛んでゆこう
大きく身体を振りきって
飛んでゆこう
飛んでゆこう
飛んでゆこう


ガタガタガタ
意味もなく続くよ
今安心したでしょ
心からそう思ったんでしょ


飛んでゆこう
飛んでゆこう
飛んでゆこう
飛んでゆこう
飛んでゆこう
飛んでゆこう


あーあ、ドン
空高く飛び散って
一瞬の出来事
そんな風に片付けられる


あーあ、ドンドン
面白おかしく
いきましょいこうよ
まだましだと思うのはまだ早い




「夕間暮れ」