ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


いや

怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い。
何が何に。
不可解なまま過ぎていくのか。
もう嫌だ。
これ以上。
お願いだから。
終わらせてくれ。
地獄になど行きたくない。
完全な停止を望む。
今この瞬間だって。
鼓動が僕を襲う。
怖い。













兎は草食だったはずなのに
痛い
左耳をくわえていく犬
なんなんだ
やめて欲しい
そればかり


いつものように
落ち着く手段を探そうと
でももう色褪せて
水滴はこぼれだし
言い過ぎではない


壊せと命令
限りなく実行
傷が足りない
来る
来るな


ああ
ただ上ばかり覗き
ふと震えて
ああ
何度も殺されそうに




「エム」