ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


無題

この戦地で僕がいくら打ち負かそうとしても
この銃が、ナイフが、行動が
今こちらを見たか、撃ち殺してやるか
いったいこんなところまで来て何を見つめているのか
どこまでも無罪なんて嘘だ


飛べと言われるのだ
この場所で電車のベルを待っているしかないはずなのに
皆さんの笑い声は始終理解しました
ならば何がいったいこの先にあるというのでしょう
悪魔が居た事はもはや否定できない


苦しめてまで最後か
行動で示して欲しいんだ実は
何が何になって何に堕落を富んでいくかが疑問だ
愛は所詮一つの香辛料
苦くてとても成り下がれはしない


人が生きていればいいことなど
命は美しいものだと
殺してはいけないだと
苦しいことを超えるほどの幸せだと
軽率だね


余りある融合への言い訳など吐いて捨てよ
もうすぎ何かがわかりそうな気がするんだ
ああ、無常と化した幾何学的証明として本能を成就させるかい
吐き捨ててくれ飛ばして欲しいそして関係は終わる
真摯だろう特に明日の朝には随分と




「蹂躙したと気づけば」