ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


留まらない

日は淡々と過ぎて、また人と会えなくなる。
僕のことなんて忘れてしまう。
簡単。
老い先が不安です。


這い蹲って人と成す。何から何まで。
いっそ悪ふざけが過ぎるのが好し。
喜ばしいと思ってしまえば最後。






匂い付く
想像だけで
ありとあらゆる精神だけで
全てを解決させようなんて
限りなく笑っていようなんて


異様なほどの結末
存在感は薄し
これから街に繰り出そう
忘れ去ったらもう見えず
人とともに笑い


感謝されてしまい
後に引けなくなり
私あなた嫌い
だから人は毟る
正直という手段


月の下
本気であきらめようとして
指は折れ
目は溶けて
なのにどこまでも気丈だと




「概論Ⅰ」