ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


人が、人らしくとは傲慢なのかもしれない

半端に歪んで、先は見えない。
もしも死ぬほど人を愛せたならば。


大切だとか、目の前に崩れてきているのに何を言おう。
悲しきかな、僕らは何もかも、世界は何もかも有限だ。
泣き出してしまうのか、こんなものなど何も。
淡々とする言葉ならばいつだって何もかも。
響かせようとしているだけなのに。
所詮、僕は僕の好きな完成高き世界を美しく見つめる人にはなれない。
努力によって世の中を切り開けそうも無い。
届かない手は疲れて伸ばすのをやめてしまうのみ。


壊れた声でそっと触ってほしい。
見つめてほしい。
そう、だといってほしい。
溶かしてしまいたい。


ひき殺されてしまう。
症状は悪化。
何一つ輝かないそれへ。






夏は過ぎて空は変わっていくという
のに、僕は若干の苦しさを抱き
命さえあればなんでもできるという
のに、一切れの紙をまた破り捨てて


たどり着きたいな
僕と彼女が混じる場所
一人にならなきゃいけない
そういってドアは熱を帯びず


とてもとても簡単なことなんだという
のに、僕の口からは意味は生まれず
死にたいというやつは自惚れだという
のに、今日の日差しも眩しすぎて


もっと欲しいんだ
限りなく有限に近い心
誰も期待しちゃいない
好意が耳に入ることの無い部屋


もっと強くならなければいけないという
のに、僕の綿のような謝罪は擦り切れ
もっとがんばらなくちゃいけないという
のに、何かが壊れた音がして不意に見回した




「心情の先」