ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


不可

そして何も残らず。
可能性の分岐点。
何よりいつだって必ず同じ選択肢がついて回る。
不可。
不能。
いや終焉。


もはや僕は体液を垂れ流すだけの木偶に過ぎず。
何の才能も境遇も手に入らない。
しかし人に見つめられ続ける。


人の死に対する決意などそんなもの。
何もかも画一化を図った賜物。
僕の小指は切断された。


詩を。
書きたいだけなのに。
うまく言葉に。
ならない。




喉の奥の苦味が
僕を許してはくれない
さて屈強なる皆様よ
僕に正しさを示してください


かきむしった身体はもろく
汚れきった私情に喚く
しかし外になればこのように
ずいぶん気丈な芝居打つ


効き目の薄い錠剤と
なんてこと無い精神に
行き先たかがしれるとて
目を閉じるしかありません


騒々しいほどのどもり癖
生活をするにはかまわずに
ただ大層に白い目見られ
嘘か真か苛立たせ


さあ頑強な皆々様
目の前続くは天の川
溺れてしまうな何時何時までも
自らの穴が今更膿んで




「情事まで」