ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


聞こえる

少女の声が。
キイと。
言葉にならない何かの声が。
僕の耳に張り付いてくる。


殺すといわれている気がする。
それなら早く殺してほしい。
成長できない僕を早く。
もう。
なぜ生活をすることを強いられているんだろう。
なぜ生きることを強いられなければいけないんだろう。


詩。
ヒトラーでも宮沢賢治でも。




殺人鬼はいつだって踊る
それは僕なのか
あの女性のものなのか


もう誰なのかわからない
ここにいるべき人なんて
いつの間にか知らぬ人


殺人鬼はかく語り
女性のようなしぐさをし
そして僕は虚脱され




「命途切れ」