ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


心なし

暑さも寒さも同時に押し寄せてきてつらい。
何よりこの極寒をどうにか回避してしまいたい。
体液が止まらない。
赤く充血する始末。
どうしようもない。
煙草の煙だけが救い。


人殺しの夢を見ていたら、日常にうまく溶け込みます。
そんなものです。
それが普通です。
普通であり続ける僕に絶望。


闇も光も尊いものだ。
何があろうと僕は怖くない。
いつからそんなに強気か。


戯言とかなんとか。
でもそうでもないのかも。
今日は晴れて。
幸せがあふれていますか?
そんなもの。
言葉は具現化されているのだろうか。
さて結論。
どこへ行けば好いの?
詩の定義も何もかも。
見定めた上で物が書けるなら。
岡本太郎さん聞こえていますか。
僕はあなたのように離れないようです。
沈黙。
一区切り。詩。




痒みによって体を蝕む可能性が
ただ
見えない


たどり着かないのならば前失が
ただ
見えない


あの言葉に意味を持たせるという輪廻
ただ
見えない


燃え尽きるのが早い希望と体を蝕む平和
ただ
見えない


そんなこんなで何もかも手放してしまいたいと思う色欲
ただ
見えない




「煙は斯く語らう」