ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


涙と

たくさんのものを見てきた。
すばらしいものを見てきた。
そして僕はそれらに倣い、何かをしたいと思い続ける。
何かを伝えたい。
それだけなのに。
うまくいかない。


体のだるさは抜けない。
言葉が成り立たない。
どうしよう。


何も考えてないのかな。
結局この世界で僕は何を働きかけることもできないのかな。
辛いな。
辛いよ。


少しでも。
体のだるさは熱に変わっていく。
詩を。
書きたいんだ僕は。




ただ、込上げてくる
胸の奥の光熱
四十八の世界
一つだけのあなた


思い出は忘れないから
光だけが越えて
赤い欠片鳴いて
線は細く伸びて


星空は綺麗すぎて
惚れてまたも別れ
何か響く世界
だから瞑り、そして




「此処と星」