ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


剥がれて

何もかもなくなって。
人も誰も信じなくなって。
何もかもなくなってしまえば。
いいな。
もう誰にも愛されずに居る自分を認めてしまおう。
つらいならつらいと言おう。
ひとりぼっちと。
煙ばかり絡み付いてくる。
詩だってなんのため。




世界は優しいよ
僕にはとっても優しいよ
だけどそれだけ
もういない


何も望まないんだ
誰にも何も望まない
だから嘘つき
言いくるめ


そして気丈演じ
綻び望み手が震え
へたくそなのね
わかってる


もう何もわからない
生まれなければ良かったの?
最初の最後
一人きり




「そういう話」