ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ふと思った

きっと今までのこれって、見てて面白くないよなぁ。
もっと面白おかしくじゃないと何も伝えられないのかな。
もっとよくある日常のことを書かないと。

僕には無理だ。
詩。




痒みが収まらない
全て剥ぎ取って
むき出しの眼球は
なんだかとても空ろ


痒みは痛みと交代して
全ての発端は
僕の悪さだと知り
なんだかとても空ろ


傷つけているのは爪
全ては煩って
白目が溶けて溜まって
なんだかとても空ろ


ふと、目を離してみると
全て忘れてしまう
今度は足の痒みから
なんだかとても空ろ




「骨身をさらしたい」