ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


消えない僕は消えない

僕は今ここにいるんだ。
いる。
存在している。
そうなんだ。


あの人は泣いてるみたい。
僕がかわりにないてあげればいいのにね。


そんな風に生きていければ。
身代わりになれたら。
なんて幸せがあふれているんだろう。


きっとみんな泣いているんだろう。
つらくて泣いてるんだろう。
僕はそれにすべて気づけないや。
悲しいけど気づけないや。


そうして僕はそういう涙のために。
詩を。
自分のために。
最近うまく作れないけど。




痛みの傷が溢れてく
楽しかった毎日や
うれしかった出来事や
それの終わりが
それまでが


屑になってく言葉たち
言えるはずの感謝とか
言えない気持ちの蟠り
それの温度が
それまでが


全てはあなたになっていく
星さえ出ないあの夜や
苦い思いのない日々や
あなたの瞼が
それまでが


「銀色兎」




たとえ忘れられても
明日は晴れ


忘れられても
彼ら会う


忘れられても
空を飛び


忘れられても
彼ら笑む


本当にそれが
本当ならば
一人ぼっちで目を瞑り
一人ぼっちで手を当てて




「誰かと僕」