ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


goodbyemy...

自分を自ら傷つけることに快楽を求める人間って、サドなんだろうかマゾなんだろうか。
普通はマゾに見られるけれど、人に傷つけられるのは嫌な人間。
自分が自分を傷つけるのがすきというのは。
そんな人は少ないのかな。


私の心の中の虎。
最近働いてばかり。
それは救いだけど疲れでもある。

何万回お前なんて死んでしまえといったとしても。
死んでしまえない。
哀しいな。


僕のからだが認知してくれない。
そこは治さなくていいといっているのに。
取り込むのかしら。
とても気持ち悪い。


詩。




あげる
手から落ちる前にとっといて
それで最後よ
さようなら


あげる
一歩踏み込めばなんとやら
限りなんてない?
それは嘘


あげる
森にはもはや詰めこめられず
捨てたと嘯き
連れ歩く




題して「切に」です。
それでは。