或いは美型詩の実験場。


目くるめく世界

置いてきぼりになりそうだ。
詩。




溶けてしまうほどの
利用価値のなさに
誰も覚えてくれずに
捨てられてしまいました




題して「序章」です。
それでは。