或いは美型詩の実験場。


今更、だ

何もかも今更。
今の僕にはもはや説得力もない。
自分を愛せとか。
もっと頑張れとか。
負けるなとか。
逃げるなとか。
明るくなれとか。
散々考えたんだ。
散々そんな事を考えた上でこれなんだ。
なんで。
なんでだれもそれを知ってくれようとしないんだろう。
何で僕を誰も認めてくれないんだろう……。


僕が人と関わる時は二つ。
道化的行動と自己嫌悪を伴う他人への崇拝。
後者はもはや誰にも受け入れてもらえない。
前者は疲れるがある程度受け入れられる。
しかし、道化は所詮もっとも深い部分まで分かり合える事がない。
観客と道化はいつだって違う世界にいるから。
隣にいれば唯の迷惑な狂人だから。


僕はもはや。
助けて。
このドロをすくって僕を。
もう見えなくなりそう。
僕はまだ無理をして生きなきゃいけないんですか。
人を殺したバツですか。
殺すことさえなかったら僕は今頃。
罪は何でこんなに酷いものなんだろう。
楽にさせてくれないんだろう。
人殺しは人殺しらしく、狂った振りして笑って人を傷つければいいんだろうな。
ははは。実践してるよ。
こんなにも嫌いな人間をいたぶるのがたまらなく好きじゃないか。
こんなにも醜い。
醜い。
醜い。
醜い。


しししs。
詩。




黒く溶かしたチョコレート
ナイフを入れてかき回し
グラニウ糖をまた入れて
固まらなくて諦める
甘い甘いチョコレート
ナイフは錆びて回すだけ
水に溶けたら透明で
刻んだ枝を添えました
チョコレートチョコレート
錆びてはいても鋭いな
無味無臭で入れるだけ無駄
終には何にも入れられず




題して「甘いお菓子」です。
それでは。