或いは美型詩の実験場。


目まぐるしい惜別

繰り返せばその気持ちも痺れて何も感じなくなっちゃうのかなぁ。
それをいちいち悲しんでいる人のことを弱い人って言うのかなぁ。
それならちょっといいのかもしれない。
でもそれは正当化にすぎなくて。
やっぱりこれじゃ駄目。
決定的に駄目。


適当な文字の配列も。
美しくなれると最近思った。
クラシック音楽。
少しずつ心にしみてきた。


先は長い。
明日も早い。
詩。
僕が書いている詩。




黒い部屋を出て
朝日が昇る湖
木々の中に潜む
生命の悲鳴に震え


道を行くとそこは
人々むせ返る町
煙行き交う左手に
少女は瞳を失って


また土臭く歩き
また水の流れに逆らう
息切れ甚だしく
崩れ落ちるはこの体


聳え立った学び舎に
言いたい事が見つからず
親の苦労を唯想い
僕はまたもや萎縮する




題して「日常」です。
それでは。