ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


未来未来未来

繰り上がって意味のあることならとにかく。


最近落ち込んだり落ち込んだりしてますが大丈夫です。
僕の悩みなんて大したことないので。
ただ僕が悪いだけだし。
嫌い嫌い。
仕方ない。
きっと大好きだから、こんなになるんだろう。
歪んだ自己愛。
異常なほどナルシスト。


そう、自己陶酔。
気持ち悪いくらいの。
それがまた嫌いな要素になっちゃうな。
よくわかんないや。
結局自分以外の人がみんな幸せになればそれでいいんだ。
きっと。
詩。
文章書き方気をつけて。




もしも話は面白い
月影の下を見てるよう
短い燃えカス消した後
その柔らかさ見てるよう


僕のもしもはいつだって
重くなっては叶わない
黒く濁った水掬い
指からこぼれてなくなるよ


もしも愛しているのなら
失うわけがないのにな
もしも大事に思うなら
消えちゃうはずはないのにな


もしも月影照らすなら
気づけることもあったろう
もしも水を飲んだなら
鋭さ増して祈ったか


もしも話は宙を舞い
暗い夜道に落ちてくる
早く逃げなきゃいけません
誰も失くすなもう誰も




題して「黒い雨」です。
それでは。