ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


あら

反省したら?
あなたにはもう求めないけど。
見苦しいままだと不快。
だから反省して。
反省してでしゃばらないで。
別になんてことないから。
そんなに意地にならないで。
見苦しいのはわかる?
反省って分かる?


だめじゃない。
そんな風に諦めちゃ。
どうせ必要とされてないこと知ってるなら。
せいぜいそれ相応でしょ?
そうやって今でも特別に成りたいって思ってるから。
見苦しいのよ。


ああ、いらいらする。
いじいじ自分を責めて逃げて。
もっと強くなろうとか思わないの?
変わろうとか思えないの?
だからあなたは弱いだけの人間なの。
だからあなたは何一つ手に入れられないの。
さようなら。
さようなら。
さようなら。




強い人には勝てないです。
何も言い返せないです。
消えた。
詩。




赤い爪が引き裂く
夢のような暑さ
何度もわかったと呟く
飛び降りられず膝笑う
両足を切り落としたい
両手はまだまだ僕のもの
口も必要ないみたい
目と耳だけは残してよ
虐待は虐待で閉じ
願望で作用しないから大変だけど
適当さにみんなが吐き気
それを見て嗚咽するのは誰?
煩う事が目的ならば
桃源郷はもう見えた




「守護目的」