ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛情

僕は僕の事を嫌いだけど。
そんな僕ですら必要としてくれる人がいるのなら。
あるいは僕は心の底から穏やかになれそうな気がする。


泣きそうな人がいるのなら。
その気持ちを汲み取って僕の元へ。
辛い人がいる夜は。
月の明かりすら届かなくて。
掬い取ってしまえればいいのに。


そんな詩を。
書きたいのに……。




信じずじまいの神様に
言いたい事はないけれど
傷に耐えてるあの人を
非力なものにしないでよ


恵まれているこの僕が
甘えに溺れて今になる
苦しむ人を救ってよ
もう僕なんていいからさ


人が死ぬのが哀しくて
歪んだ人を抱きしめる
苦しむ姿が苦しくて
涙が空で雨になる


日々を思って綻んで
夢も希望もいらないよ
嬉しい姿が溢れたら
涙が空で雨になる




題して「星の雲」です。
それでは。