ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ああ

どうしようもないね。君。
無理しなきゃ生きられないくせに、無理できるほど強くなくて。
笑っていなきゃ哀しいくせに、笑っていられるほど強くなくて。
役に立たなきゃむなしいくせに、役に立つほど強くなくて。
駄目だね。
それじゃあもう駄目だね。
詩。




価値のない構想を
繰り広げている頭の中
全ては思い通りに
しかしながら悲劇的に


二度と見えず
人には褒められ
慰められて
心は晴れて
明日といって


価値のない構想を
繰り広げている頭の中
彼女も今や僕のもの
かわいそうな人で通る僕


何度もいって
人に撫でられ
抱きしめられて
心は晴れて
過去だといって


価値のない構想を
繰り広げている無価値それ
誰も人とは見てくれぬ
ならば何を信じられよう


解答はない
はじめから、ない




題して「ある生命活動」です。
それでは。