ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ただ

願望を消化するためにいる僕。
夢も現実も妄想も事実ももはや何を言おう?
ただ信じるものだけがある。
ただやるべき事だけがある。


この果てに何があろうと。
か。
幸せであったらいいのに。
これ以上の不運はもうないと信じたい。
もう十分沢山の事があったから。
これからは何もない日々にしてください。
ただ普通な日常に。
昔の僕は鋭すぎました。
あの感情は。


詩をかこう。
うまくかけるかはわからないけど。




平穏と
そして今
サボテンは
鮮やかに


踏みしめて
穴だらけ
つかの間の
花の愛


トパアズの
夕日には
気がかりな
思い出が


覗く窓
朝の日は
口惜しく
震えども




題して「弔い花を」です。
それでは。