ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


落ち着いて

だめだな。
なんとか。


詩を書いてもう寝ます。




相手を意識し
灰の空を憂い
慈しみを受け
諦められず


大衆に紛れ
夏の到来を受け
あなたに憧れ
全て言葉で


幻想と別れ
たどり着いた先
この今ここでする
木偶の思想表現


意味が分からぬ
数多の言葉に
謝罪をこめて
愛という僕は




題して「轟々と」です。
それでは。