ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


辛いのかもしれない

「優しい」って少しだけ僕はいわれます。
その言葉がなんだか嬉しくて辛いです。
僕の存在の何よりの賞賛である反面、自分が高が知れているとわかっている僕が。
いい人になりたい、って願望を満たすだけの。
人に優しくしたい、そうあるべき自分でありたいと願うためだけの自分。
どうしようもないです。
怖いな。
凄く怖いな。


それでも「優しい」といわれたくて、がんばってがんばって落ち込んで。
どうすればいいのかな。
わからなくなってきました。
僕は無理してるのかな。
じゃあどうすればいいのかな。
嫌われたくないだけなのにな。


詩……。
これもきっとそんな僕の。




緩やかな水分
消えそうな声
形を変えるのは容器で
確かにここにいるけれど


強く細い金属
侵すのが怖い僕
自己というものに敏感で
嫌悪を恐れてそれなりで


みんなは強く生きている
みんなは強く生きている
みんなは頑張り関われて
みんなは優しく付き合えて


大事に至る成り行き
動くのが怖い僕
大丈夫といわれ続けて
信じる言葉はいつだって




題して「恋愛間」です。
それでは。