ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


友人の

大切さなんてとっくの前から知っていたはずだけど。
かみ締める事が余りなかったから。
今はとても。
とても。
体が上手く作用しているような気分。


聴いていた音楽も違うもののように聞こえ。
見えているものさえ全く。
こんな世界で生きていきたかった。


失う事を考えるだけで気が狂いそうだけど。
過去を繰り返してしまいそうで辛いけど。
今こそ神様を信じて。
それほどの不条理がない事を信じて。


詩を書こう。




傷は癒えない
癒える筈もない
愛だって不確かだ
獲得の欲望なんて


しかし前は限りなく
しかし後ろは灰の道


恐ろしき命
想像だって出来る
この顔は醜く
歪んだ臓物は疼き泣く


しかし両手はまだ動き
しかしいまだに夢に見る


煙は光を
ちぎりだし
煙はただただ
のたうって


追い詰める言葉は
今だある言葉は


鋭い心は
自己嫌悪は


愚かな僕は
轟く感情は


痛みの奥は
紅い嘔吐は




題して「希望の前」です。
それでは。