ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


理由

毒を吸う理由は?
死ぬため?
強く生きるため?
優しくなるため?
殺してしまうため?


生きている理由は?
死ぬため?
強くなるため?
優しくするため?
殺してしまうため?


僕が僕でいる理由は?
逃れないから?
人のために削れるから?
変質的だから?
何かを遺したいから?


理由って?
理由って?
理由って?


詩。




好意は
上手く作用し難いのだ
目的
それを辿っていなければ


人々は
ただただ上を向いて泣いて
空には
落ち砕くほどの星空だ


寒いほどの快楽だ
痛いほどの幸福だ
苦しいほどの享受だ
醜いほどの造形だ


愛だけ
花になって咲きましょう
どこかに
聖歌を歌う声がする


空から
落ちてしまえばいいと唱えて
道行く
人を恐れては笑って




題して「徒歩の残骸」です。
それでは。