ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


もっと

自分を甘やかしすぎて。
僕に口があったことを忘れてた。
僕に心があったことを忘れてた。


僕を認めることを忘れてた。
僕が僕である事を忘れてた。
僕に出来る事を忘れてた。


まだ間に合うだろうか。
時間は確かにある。
でも間に合うだろうか。


頑張るといってみる。
そして動いてみる。
そしてその先は……。


結果を残さないで死ねるだろうか。
果たして僕に。


詩を書きます。




飛べなくなれば
落ちてしまえば
水溜りを祈って
そして恋して


苦し紛れの言い訳
藁のように苦い
全て吐き出した後で


駄目だと思うし
水は目の前で
傷つきぼやき
傷跡恐れ


素晴らしすぎる世界
絶望が似合わない
全て吐き出した後で




題して「溢れて落ちて」です。
それでは。