ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


情熱の無い日々

それがぬくもりに変わっていく。
痛い事だってあるし、変われないままだけど。
穏やかさに勝る幸せはまだ僕は手にしていない。
強さなんてもてないけれど。
人のために積極的に自分を与えられないけれど。
もういいんだ。
太陽と夜。


もういいんだ。
これ以上はもういいんです。
心から。
いつか思えたら。
きっと素敵に夜が迎えられるだろうに。


頼りにしてもらえれば。
それで。
また毎日のように詩を。
それが幸せ。




ハーモニカには
魔法があって
触れる距離だけ
届けてくれる


心の奥にも
魔法があって
消えるときまで
動いてくれる


大事なものも
魔法でさえも
持てずにいるけど
零れはするけど


大事なものも
魔法でさえも
言えずにいるけど
無くさずいるけど




題して「煙道」です。
それでは。