ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


先越しの日々

悪い事とは思いませんが。
最近はかける気持ちが多くてよかったです。


人のためにできる事があると何より嬉しい。
こんなにも自分を嫌ってしまった僕だけど、少しでも自分に価値を付加させたいです。
自己満足だけど心地良い。
愛されていると錯覚してるにすぎないにしても。


空ってこんなに綺麗なんですね。
煙の中一匹で歩く彼の軌跡をたどっていい気分になって。


眠くはまだなれないけれど、いつかきっと。
いつかきっと。
それではまたいつものように詩を書きます。




白い眼鏡に
蟻がころころ
何かを必死に探しているか
ただただ見落とすだけなのか


泣いた夜
震えます
傷ついて
可愛がる


蟻さん蟻さん
こっちを向いて
片手がもげてももがいているね
僕はこんなに醜くいるよ


泣いている
怖いです
痛みます
笑います


どっちを向いても
絶望なのに
一人ぼっちでもがいているね
ごめんねこんなに傲慢で


本当にごめんね
本当にごめんね




題して「喫煙スペース」です。
それでは。