ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死にたくない

死にたくない。
と体中で感じながらお決まりの毒を吸う私。
もっと綺麗な体になりたかったの。
中身はもうねどうでもいいけど外作りが造形的にもっともっと。
それにしてもこの毒は唾液で大分吸いずらいわね。
ははは。気づけばこんなにやせ衰えてるじゃないの。
臭い。
嘔吐したもののにおいがする。
服からは普通の変わらない匂いだからきっと私から。
毛穴から出てきてるのかしら。
おっとよろめいた。
すぐにガタガタになるのね。
鏡の向こう側はなんだか怖い。
野獣みたいなんですもの。
野犬みたいなんですもの。
ははは。分からない事をいってるな。
元にもどらないと。


書くもの。
詩。




退屈だって言ってると
聞こえない声が聞こえます
灰ほど軽く生きましょう
ささやか怒りを散りばめて


見られる感覚ほしくなり
飛べない夜は限りなく
巻かれた父よ友人よ
咳が止まらず床ふせた


見慣れなく磨かれた
否定された指先に




題して「バター色の休日」です。
それでは。