ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


耐えられないことはありません

世の中は何もかもそうであると本気で考えた時期もありました。
生きることは全て辛い事だと思ったこともありました。
今はどうでしょう。
もう世の中を見渡す事自体が苦痛であるような気もします。
いやどうなんでしょうか?
すぐによくなったり全部悪くなったりの繰り返しです。
僕は所詮頭が回らない単細胞です。
誰でも気づけるような事しか気づけないし、突拍子のない今日人事見た天才らしき考えなど浮かびません。


もしも今日の効力を使って。
全てが嘘に変わるなら。
もう何も苦労はいらないのにな。
もしも今日の効力を使って。
何もかもなくなってしまえば。
誰も悲しまないのにな。
そうでもないかしら。
そんなことないかしら。


また夜が来る。
僕はまた僕を追い詰めていく。
遊びのように。
分かってるように。


長い間さようなら。
苛まれ続けている。
詩を書きます。
頑張って書きます。




気持ち悪いことと
関係無しにひどい代物
夢を壊すもの
ただそれだけの気持ち
届かない
壊れてしまえ
叫んでしまった後で後悔し
叫ばなければ悔い続け


左腕はもはや機能していないのだ
筋が切れ筋肉と呼ぶこともままならない
助ける手段はありますか
少し話を聞かせてください


物事にふけり
佇む行為と
消え行く行為
どちらに意義があるのか
知らない間にここにいるだけではなかろうか


数を数えて別れます
眼球さえも収まらず
すぐに死んだ彼女だけ


題して「首の絞まる思い」です。
それでは。