ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


帰りました。

色々あったけど楽しかったです。
帰宅祝いという事でダブルで毒を摂取してたりします。


さて、最近は割りと元気です。
素直になりたいものですね。
想いは滞っています。
そんな駄目な自分に困ってます。
でもまぁそれだからこそ僕なんですが。
とりあえず僕だけの思いで人形に毒をあげたりします。
喜ぶらしいので。


ということでのんびりしながら詩を書きます。
今までとは変わらず少し素直に。




足りない事は膨大で
毒は体に蓄積す
意味を得るのは困難で
縛られすぎて僕がいる


過大評価の連続で
相手を見ずに佇んで
姿それすら嫉妬して
生きるそれすら嬉しくて


届くとか届かないとか
お互いに分かり合えるとか
頭に浮かぶのも疎ましく
月夜は道を照らしてる
僕は何も見つからず


暴挙のような錯乱で
胸を支配されすぎて
狂気じみてる状態が
ついには辺りと疎外する


消えてしまえと投げかけて
満足してるこのうちじゃ
夢も希望もありません
命も何もありません


そうして夜は更けていて
黒い箱は空になり
グラスは氷だけになり
笑ってしまう僕がいる


駄目だと怒る僕もいる




題して「月がある晩は」です。
それでは。