ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


自分嫌い

自信を持てという。
でも許せない。
自分がどうしても許せない。


でも結局中途半端。
殺す事だってできない。
傷つける事だってできない。
ただ文句を言ってるだけ。
行動に起こさない。
酷いな。
醜いな。
どこまでも嫌いだ。
でも痛みは怖くて怖くて。
消滅。
でも忘れてもらいたくない。
認めてもらいたい。
許してもらいたい。
人に嫌われたくない。
愛されてもらえるならばきっとなんでもする。
自分が一番嫌いな自分。
でも何より人と関わり包まれたいと願う心。


左手が重い。
煙が立ち込める。
体は壊れていくけれど。
その中で泣かないでいたいな。


考えた事を。
ありがとうございました。
僕は僕らしく書きます。
詩を。
言葉を。
削れながら。
千切れながら。
臆病になりながら。
でも。
もうあの言葉は使わない。




愛情表現の模索
煩えどまだ道遠く
想いつのれどしんしんと
心は冷たくなる自分


父の影を追い
友の影を追い
自分の面影だと想い
自分の全てだと嘆き


滅却する自己嫌悪を
与えてほしいと願う
不適応者の木偶ですが
突発できず存在す


題して「その哀歌」です。
それでは。