ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


女性崇拝

願望として。
性癖として。
生まれながらに満足されない性癖として。


僕は小さい頃からきっとそうなのだろう。
いや、毛色は違う。
どちらにしろもう後戻りできそうに無い。


耳鳴りがひどい。


言葉は完結させなければ、
詩は意味を持たなければ、
いつも見失いガチ。
なんでだろう。
見失いガチ。
脱落した性癖。
精神。
正常か否か。
それは問題ではない。




軽く気がかりな出来事の後
造形的に自己否定


さして不幸は感じぬせいで
廃した人に憧れて


特別でいたい狂人でいたい
つぶやく自分を夢に見る


味気も良さも無いこの腕と
耳鳴り理由に演じる自分




題す「願望つまりは叶わず」
です。
それでは。