ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


憂鬱って

僕には到底理解でききれていない事なのかもしれません。
僕はきっと憂鬱に悩んでいる人の模倣者に過ぎないという感覚。


なんか僕のことばっかり考えてる。
自分のことばかり心配している。
自分ばっかり幸せになりたいと思ってる。
自分が一番先に出てくる。
当たり前といわれるけれど、それでも僕はいつも思う。
最低だ。
ほら僕が思った事しかいえないじゃないか。
僕が僕の事をどう思っているかしかいえないじゃないか。
嫌い嫌いというしか出来ない。
ダメだダメだというしか出来ない。
本当は一番自分が可愛いくせに。
本当は一番自分が好きなくせに。


僕の細胞のありか。
詩。詩。詩。
僕の一番の模倣する手段。
なによりの自己陶酔。
ナルシズム。
落下。
終わり。




斬りたてられて遺された
羽毛布団を想うのです
暖められぬその痛み
残した子供は死にました


現実はいつだってそんなものだと
言い聞かせる声が耳につく
全てを理解する事が無理だというのならば
なぜ私を泣かせるのか意味よ


叫んでも来ない
眼を伏せる
祈るのはやめて
仕度して




題して「中央線下り」です。
それでは。