ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


消える

なんだか上手くはいえないけれど、
上手に飛べない鳥もいるんだと想った。
想う事で解決する事を、
必死に探してみたいと想った。


日常生活にゆとりを持たないとな。


うーん、どうしようもない感じ。


頭脳も何もかも今の僕にはただの付け刃にすぎず、
どんなにここから変わったとしても大きくはなれないかな。

どうでもいいけど歯茎をはがしたいなぁ。


さて詩と。
落。




月の潔さに心地良さを覚え
感情の衝突に情熱を抱き
それでも事実に
踊らされ


そういうすべての精神を
私は愛してやまないけれど


今は少しの疲労だけ
ただある痛みを許してください


空の遠さをひたすら眺め
複雑化された事実に泣いて
私の個性は
没された




題して「キャンバスの色」です。
それでは。