ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


退廃的生活

もううんざり。
苦しみを経て泣いても何も変わらない。
憂鬱をいくら主張しても何も変わらない。
しかし何かを変えるために泣くわけではない。
同情だけの憂鬱なら少しはましなほうなのだとおもう。
人は一人では生きてはいけない。
でも一人ぼっちでも生きてはいける。
僕はあくまでひとりで生きる事を考えずにいる。


だけどこれからは一人ぼっちで生きていこうと思います。
いや、ただずっと一人ぼっちである自分を認めようと思います。
何もかも思ったとおりで事が運んでいます。
予想と大して違わないこの世の中です。
嫌われそうな人が嫌われて、苦しい人が苦しんで、持つべき人が持ち続けています。
僕の位置もきっと大して変わりません。


詩。
落ちる。
落ちています。




人に望みをかけることを
あきらめる事の愚かさを知った
それ以上に
その愚かさのほうがましである事を
思い知らされた


何もかもが退廃したこの部屋で
感情を残す事自体が悲しい事で
明るさにまみれて生きていたほうが
どちらにしろ有利でいられる


考えすぎるという事はだめな事で
それを繰り返している私というもの
今それを
止めるより他との交信をきるという
結末で果てた


題して「真っ白な現状」です。
それでは。