ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


忘れてた

自分の事ばかり考えて
やさしささえも忘れてた。


論理をつめていくだけで
自分の意志まで忘れてた。


忘れやすい僕ですが、
まだまだ生きていくようです。


落ちてなんだか気持ちが漂っていますが、詩。
優しいものを書いてみたい。
平穏さだけを書いてみたい。
例え言葉が無理だとしても。




失うべくして
日々を演じた
そうして何かを手に入れて
甘んじている
理解している


月が落ちていく
日々が欠けていく
ただある灯り
ぬくもりがなぜてく


手にするはずと
意気込む子供
そうして何かを手に入れて
笑い出している
笑い続けている


題して「夢のような事」です。
それでは。