ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


世界を変えられるとでも思うの。それが大切じゃないって事だから

少し冷たく生きようとしすぎたみたいです。
氷はすぐに溶けてくれるから、幸せが目に映りそうです。
ありえないことがたくさん身に降り注いでいます。
星が流れておちていきます。
僕は元気です。
本当に元気です。
生きています。
まだまだ生きています。


体の代わりができるものはないんです。
それに気づくのが少し遅かっただけなんです。
人の想いを汲み取ることばかり考えていても大丈夫なんです。
決してあわてなくてもいいんです。
世界にはたくさんの素晴らしいものがあります。
僕は全てを見終わることはできないんです。
だからこそできることがあるんです。
僕が見てきた素晴らしいものを見ていない人のために。
傷ついてしまうことなんて本当に簡単なことなんです。
楽になることも同じくらい簡単です。
だから僕は変わらずいることができるんです。
悲しいことなんて誰が決めたことなんですか。
辛いなんていつ制限されることなんですか。
ただ星は輝いています。
ただ雨が大地を湿らせます。
それだけです。
本当にそれだけなんです。


落し物。
純粋な素晴らしさに感動した夜。
だから落としていくべく落とすもの。




何よりも感動を覚えるものは
賛美歌で在るべきに違いないんだ
私よりも何よりも大切な
称えるという衝動的な共鳴の中で


真っ暗になったこの泉を飛び出して
やっと人事に過ぎゆくものたちを食い止めた
いつかは偉大な幼児の怒りに
魘されて起きる朝も来なくなる


そしてなお大地に流れているいろんなものたちを
全て飲み込んでしまえればいいのにと繰り返す
そうすることでうつむき加減の日常たちも
必要以上を求めなくても平気になってくれるかな


変えられるものなんて結局たかが知れて
訪れることができない幸福もたくさん在るよ
だから何より優しさで作られているこの歌は
不要ささえも支えにして私を救い出していく


つまりはそういう小さな現象たちが
青白く燃えて空気へと変わっていく事


衝動がいつか瞬間的には終わらなくなって
歌は誰の耳にも平等に聞こえるようになって
そして何より私を含めた無力なものが
罪を覚えることに幸せを感じるようになって




題して「相思相愛な空気」です。
嫌いじゃないです。
それでは。