ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


去年を弔い

そして後悔に満ちていないことに安堵して。
去年と今年の境目ははっきりしてるなぁ。
なんだか何も変わらないまま変わってしまいます。
どうでもよくなる前に飛ぼう。
飛ぼう。
飛ぼう。


みんながんばってるなぁ。
取り残されてる。
欲望におぼれてしまいたい。
壊れるということはどういうことなんだろうなぁ。
うーん、よくわからない。
なんだか最近頭を使うのに疲れてきた。
ただ単純でいい。
物事をすべて傲慢に割り切ってしまえればいい。
そうしたほうが分かりやすい。
そうしたほうが受け入れられる。
教えて欲しい。
教えて欲しい。


さようならという言葉が好きです。
今ちょうど飛べる高さ。
見つめています。


さて今年を受け入れるために詩を書こう。
きっとたくさんの出来事があるんだろう。
それだけ。
それだけだけど詩をひとつ。


薄藍色に染まる肌
煙を上手く吸い取って
綺麗に綺麗に汗ばむと
私を出来損ないと言う


瞬間的
敗北
性衝動の
解凍


贅沢品にあふれてる
私の手元にある命
どういう手段でこの杭に
乞わせ得るのか教えて欲しい


位置を知る
努力
眩暈の様な
欲望


題して「趣向品」です。
それでは。