ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


想う

たとえどんな人間だろうとも、その存在自体が愛されうるならば……
結局関係ないんだ。
どういう思想を持っていようが。
どういう感情に努めていようが。
その存在だけにしか左右されることのないのだ。
だから僕は。
自分を不適用者と貶めていた僕は。
不能力者と信じていた僕が。
その存在がある限り消して絶望を抱くべきではないようだ。
自然の美しさを、
直視なくなってしまったとしても。


約束は果たすべきものだ。
それを淡々と見つめ続ける。


不安定な気持ちを。
そっと隠してしまいましょう。
笑えるように。
そのままでいられるように。


もう少しで取れそうだ。
もう少しで信じることが出来そうだ。
泣いてばかりだけど。
泣いてばかりだけど。


詩。


やっと心が
丈夫になった
世界がこんなに
綺麗なせいで


すべてに似合う
人を称えて
他への出会いを
依存と呼んで


蛍光灯が
月になり
私の頭上で
非を与う


怒りに似せた
ただある決意
漸く此処で
かく蘇り


逃亡劇の
最終章
草木に満ちた
この夕べ


題して「空飛ぶ芸術」です。
それでは。