ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


色々

あって更新が滞りました。
最近すぐに落ち込んでしまいます。
誰のせいでもないです。
いや、そうは言ってもその理由は明確に分かっています。
でもそれを言葉に出してはいけない。
ましては人に知らしめてしまってはいけない。


最近からだの調子が必要以上に悪いです。
むしろ最近体をわざと酷使しているような気がする。
気のせいだといいんだけど。


表現からタブーをなくしてしまいたい。
でもやっぱり人に受け入れてもらいたい。
難しいな。


なんでだろ、現実になんでこんなに制限があるんだろ。
伝えたいことはあくまでも本当のことで。
それになぜ人は目を背けるんだろう。
もしくは僕がただ単純に間違っているんだろうか。


どこかで僕は歪んでしまったのかな。
正しい感覚を失ってしまったのだろうか。
答えを教えてほしい。
ただ教えてほしい。
何に従えばいいのか。
それでは詩を一つ。


戸惑いに
負けてしまった
予想には
なく乱れた
須らく
合わせたかった


なぜいまだ
傷つくのだろう
どうしよう
曖昧さが辛い
その笑顔
疼くほど痛い


引き金を引いて
今ここで
簡潔だけが
思った通り
消えてるだけだ
それだけで
何もなくなる
不安に思う
こともなくなる


名前だけ
つけてくれるかな
こんなにも
大きさに左右されて
結果もう
失ったことに気づく


題して「期待を失うため」です。
それでは。