ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


情けなく惨めな

情けなく惨めだ。
でも誰のせいでもない。


惨めな自分が作り出されてしまった。
もうこうなった今いつまでもそこにあり続けるのだ。


弱さを見せている。
今までは平気だったのに。
何が変わった。
何を手に入れた。


でも、僕の姿であることには変わりないから。
だからいつかは認めていかないといけない。
だからこそ考え抜かないといけない。


さて詩を一つ。


精神はいつも
肉体に敗北を続け
確固たる物など
存在でしかありえない


その敗北こそ
何より私を守る術
例え泣き崩れようとも
変わらず朝が来るように


加速度を増した生活の中
何を失ったかさえ不確かだけど
この感情が届いているこの日々の中
筒状の神経に全てをかけているだけ


題して「円筒形の姿」です。
それでは。