ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛情ばかり

おごりたかぶったものは作りたくないなと思った。
持っているものの素晴らしさを語るよりは、
それを人に容易に語ってしまう自分をのろいたい。


ただの不幸自慢だけはしたくない。
それは僕の一番嫌う人種だから。
たとえ言葉にするだけで人に同情され、抱きしめたくなるような過去を持っていたとしても、それを言うことが自慢にならないように。

しかしひた隠しにはしたくない。
だから僕はいつも自分自身が矛盾してしまう。


最後までやり遂げよう。
そうすることで自分を失わないように。
完璧に近づきすぎて、
壊れるのが怖くなって動けなくなるのも良くあることだけど……


僕は僕なりになっていくんだから、人と比べすぎないように、
だけど危機感はもてるだけ持とう。
優越感は持ちたくないけれど。


生き方について考えてみても答えは出ない。
そんな中みんな生きている。
置き去りになってるのは僕だけか。
それともみんなの思想についていけずに、
地団太を踏んでるだけなのかな。
そんなことを思いつつ友人のありがたさを感謝する。
それでは詩を一つ。


純粋さによる
行動が
時には人を
傷つける


色を失う
出来事に
大事な私
紐ほどく


いい日を重ねる
生活は
けして事実を
導かず


冷めてしまった
窓ガラス
左手当てて
誤魔化して


溺れる前に
目が覚める
お陰でいまだ
ここにいる


題して「失意の指先」です。
それでは。