ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


いやな

幻想が付きまとってくる。


発作のように、苦しくなったり。
急に平気になったり。
そういうものの繰り返し。


早くこの記憶を失ってしまいたい。
全て忘れて凡庸に終わってしまいたい。
必死にもがいた上の凡庸よりよっぽど潔い。


こうして考える時間があるときは、
不意に哀しくなってしまいます。
自分の愚かさをひたすら呪い、
自分の傲慢さをひたすら嘆き、
自分の今ある状態による存在を憂います。
それでも結局何も変わらず、
沢山の罪を犯し続ける。
消える勇気もなくこのまま。
そういう自分。
そういう自分。


せめてもうすこしがんばってみます。
もうすこしだけ。
それでは詩を一つ。


もうだめだ
見えずにいることが
こんなに辛いとは


行き場を失ってなお
ここにいることは
酷く空っぽだ


届かない
そう知ってしまえば
消えてしまえるのか


息をせずにいようとも
気味が悪いくらい
生きているのに


題して「逃れる必要」です。
それでは。