ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


なんだか

みんな人知れず恋をしているようです。
僕はそれにはみ出た人間。
なんだかみんなが一生懸命すぎて僕には眩しくて。

自分を愛せないということは人にも愛されないって事。

生きていく中で、そういうのを掬い取れるような人間になりたかった。
そういうのを許していける人間になりたかった……

それでも現実は流れていきます。
それでも事実は変えられません。

だから僕はせめて泣いて自分を慰めて。
言葉で自分を表して。

そうしていきるしかないと気付いた今日のみんなとの会話。
それでは詩を一つ。


こんな綺麗な世界にも
躊躇の気持ちを忘れずに
私は虹を壊しては
祈りをひたすら閉じ込める


大事なものを数えても
私の姿は届かない
いい日と何度も呟いて
潔さまで忘れます


タバコの煙は天井に
溜まって星になっていく
だから世界は心地良く
叫んで居場所を教えてる


未来も何もなくなって
後悔などが生れても
優しさからは逃げられず
私は居場所にしがみつく


題して「世界が在ると言う事」です。
それでは。