ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2016-12-05から1日間の記事一覧

片翼の詩が 惑わぬ為に 僕は亡骸で 道程を焚く 死灰に宿る 切望を舐め 杏の花だけ 嵐で散るぞ 雷鳴の目が 恋せぬ為に 君は青空で 静謐を編む 酸素に残る 今更を知り 命の露だけ 泪で割るの 「葬送曲」