ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2015-01-27から1日間の記事一覧

「人は……」 彼の口癖を思い出すのはいつも、汗ばむような若い夏の夜を振り返る時だった。彼は宇宙を思案するのを喜びとし、特に夏の星を好んでいた。その姿に、臆病な僕は自分が咎びとのように思え、少し気まずい想いをしたのを覚えている。僕は宇宙の得体の…