ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2014-02-20から1日間の記事一覧

点滅する舞台照明の下 僕は随分と演じてきた それは群衆を笑わせ 時に臆病者を驚かせ 暫くは貴方を泣かせた この頃は怒号が響く劇場で 観客の安心感を焦らしている 空っぽの脚本の中からは 考え付かない法螺を吹いて 儚さは何故美しい 張り子の樹木が呟いた …