ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2013-10-20から1日間の記事一覧

失語症の山羊は 狼の胸で眠っていた こぼれる吐息のその湿気には 確かな愛が語られていた 山羊は狼に食べられたいと願った 狼は山羊を食べるものかと決めた 山羊は夢見がちで 狼は名もなき詩人だった 禁じる告白のその情感には 全てが悲しい詩編であった 狼…